役員紹介


代表取締役社長
渡邉 幹雄

日本大学国際関係学部卒業。
テレビ番組制作会社を経て、2004年株式会社エディア在籍時より、当時GISと呼ばれた携帯電話と位置情報を組み合わせたモバイルサービスの開発・運営に携わる。その後、2007年に光通信Grpのeまちタウン在籍時にモバイル広告とモバイルメディアの企画開発に携わり、2009年株式会社ケイブでは、300万人の会員を記録した大ヒット位置ゲーム【しろつく】のプロデュースや 米国EA社の【シムシティー】を世界初となるモバイルオンラインゲームとしてリリースを行い、IPタイトルである【北斗の拳II】をGREEにてヒットさせる。

株式会社ケイブ退職後は、ファイブスターズゲーム株式会社(当社)を2012年に設立し、株式会社ブシロード様とモバイルネイティブアプリでは初となる本格的位置情報ゲーム 【しろくろジョーカー】の企画開発を行い、2か月で50万人を超える会員を集める。


取締役会長
江幡 哲也

武蔵工業大学(現 東京都市大学)電気電子工学科卒業。
1987年株式会社リクルート入社。エンジニアとしてキャリアをスタートし、その後数多くの事業を立ち上げる。1996年に立ち上げたキーマンズネットにおいては、14個のネット関連特許を取得し、高い評価を得る。1998年度全国優秀システム賞受賞。

2000年6月に株式会社リクルート・アバウトドットコム・ジャパンを設立。代表取締役社長兼CEOに就任。2004年7月株式会社オールアバウトに社名を変更。2005年9月にJASDAQ上場を遂げる。

株式会社オールアバウトによる子会社化に伴い、2015年2月ファイブスターズゲーム株式会社の取締役会長に就任。


取締役
尾田 謙吉

1997年株式会社エイチアイ入社。サウンドデザイナーとしてキャリアをスタート。その後、3Dソリューションを主軸としたモバイル公式サービス、モバイル&コンシューマーゲームタイトル、マーケテイング、B2CのWEBサービス等に従事する。2010年株式会社gumi入社。プロデューサー兼ディレクターとして自社案件、IPプロジェクトの企画開発運営を担当。

2011年株式会社ケイブにて「北斗の拳II」をリリース後、2013年にファイブスターズゲーム株式会社に入社。新規企画、開発全般を担当。2014年に同社取締役に就任。


取締役
白井 智章

早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了。
1993年4月日本火災(現損保ジャパン日本興亜社)に入社。企画部門、金融商品開発部門に従事。
その後2007年4月ジャスダック上場のP&Pに入社、取締役経営戦略本部長として経営戦略及び経営管理を担当、複数のグループ会社の取締役を歴任。
同社では持株会社移行によるグループ経営体制強化と積極的な新規事業戦略とM&Aにより、同社を同業中堅ポジションから大手の一角になるまで牽引した。

2014年10月株式会社オールアバウトに入社、執行役員社長室長(現任)として投資事業戦略を担当。
2015年2月よりファイブスターズゲーム株式会社の取締役に就任。


取締役
佐藤 達也

早稲田大学法学部卒業。
2000年4月株式会社光通信に入社。事業戦略本部にて、新規事業の立ち上げを担当。2000年8月SIベンチャーの設立に参画。管理部門全般を担当。
2005年5月同社の大手コンテンツ会社への売却に伴い退職。同年6月株式会社オールアバウトに入社。全社統括部にて経理・IR・総務を担当するとともに、新規事業の業務フロー構築をサポート。2007年4月全社統括部マネジャー。決算業務の効率化に向け、ERPシステムを導入。
2015年2月ファイブスターズゲーム株式会社の取締役就任。

  • 監査役 森田 恭弘