社長メッセージ

オールアバウトグループのホームページをご覧いただきありがとうございます。

オールアバウトグループは、株式会社オールアバウトが運営する、専門家がガイドする日本最大級の総合情報サイト『All About』を中心に、各分野で活躍する専門家のみなさんとともにWEB&リアルで様々なサービスを提供しています。

All Aboutは2001年2月にサービスを開始しました。BlogやSNSなど個人が情報発信し玉石混交の情報が溢れるネットにおいて、その道のプロによる信頼でき、顔が見える情報へのニーズが高まった結果、月間総利用者数が約3,000万人へと拡大いたしました。皆様もネットで何かを調べる際にAll Aboutをお使いいただいたことがあるかと思います。
また、グループ会社においては、食品・飲料などの新商品を安く試せる『サンプル百貨店』や、日本最大級のいいね!数を誇るFacebookの使い方サイト『Facebook navi』、手芸クラフト分野を中心にインストラクターを輩出し教室経営を支援する『楽習フォーラム』、中古車の個人売買支援の『カーコンマーケット』など、WEBだけにとどまらずリアルにおいてもサービスを拡大しております。

さて、なぜ私がこの会社を創業したかその想いを以下にご紹介します。長文ですがお付き合い頂ければ幸いです。

インターネットとの出会い

私は87年に大学を卒業し就職先を選ぶに当たって、『IT(情報技術)が世の中の様々な仕組みや、生活を大きく変えていくはずだ』という強い想いをもって、エンジニアとして株式会社リクルートに入社しました。当時はパソコンが世に出始めてまもなく、インターネットもありませんでしたが、時はまさに通信事業自由化のタイミングで様々な企業がこの分野に参入をし始め、その大きな未来のポテンシャルにわくわくしながら社会人の一歩を踏み出したことを今でも覚えています。

その後リクルートにおいていくつかのIT系事業の立ち上げを行う中で、様々な業界のビジネス構造を知れば知るほど、社会にはたくさんの不合理や不条理があることを目の当たりにしました。「これをITのチカラでイノベーションすることができる。そうすれば私たち生活者がもっと豊かに暮らすことができる。」という想いを胸に、エンジニアだけでなく、営業、マーケティング、事業企画、経営企画など様々な仕事を経験し、がむしゃらに取り組む毎日をすごしました。

そして1993年にインターネットと出会います。ネット・WEB・モバイルによって情報へのアクセスやコミュニケーションのあり方、モノの売り買い、旅や音楽・映像の楽しみ方などが大きく変化し、「当然ビジネスのあり方も変わる、これは大変なことになるな」と確信しました。

日本が直面するターニングポイント

少し横道にそれますが、私は海外に行くとつくづく“日本はいい国だなぁ”と思います。美しい自然や四季があって、街もきれいで、安全、食べ物もとてもおいしい、文化や歴史もあって、教育水準も高く、人も優しい、東京では世界中のモノが手に入りコトも体験できる。こう思う方々も多いのではないでしょうか?私はこの会社をアメリカ企業と一緒に創業をいたしましたが、彼らアメリカ人も日本は奇跡の国だとよく話しておりました。

しかしITが世の中を変えていこうとするこのタイミングで、世界がよりグローバル化し、政治・経済そしてITにおいてもアメリカ中心にスタンダード化が進み、加えてBRICSをはじめとする新興国が人口増となり、中間層の拡大を背景に経済的成長を図っていく。これによって日本の相対的なチカラはますます低下していく環境下にあると感じていました。日本の社会はこれまでだれも経験したことのない超高齢化社会に突入、またそこから成熟化し、日本の成長を支えてきた国や企業、社会構造にイノベーションを興さなければならない、まさに大転換期に来ていると感じていました。

こうした大転換期において日本が豊かであり続けるために何が変わらなければならないのか?私が思う一番大切なことは“私たち一人ひとりが自立すること”、いくら仕組みが進化しても仕組みだけでは日本が元気であり続けることができないということでした。これまでの高度成長期においては、お金のこと、職のこと、健康のことといった人生・生活の基盤については、国の年金や健康保険制度、終身雇用を基本とした企業がベースを作ってくれていましたが、すでに制度疲労を起こし、こうした社会構造は近い将来なくなるかもしれません。政治が悪い、会社が悪いということだけでは変わりません。生活においても、社会活動においても、たとえばTVや風評、ポピュリズムによって安易に動かされてはならず、自分で情報を取り、判断しなくてはいけません。また、不安をなくし、賢く、そして自分らしく生きていくためにも自立することが大変重要になっていくと考えました。

ITによって世の中が変わるタイミングで事業を興すにあたり、日本がこれからも豊かな国であり続けるために、こうした大きな環境変化に役立つ“コア”を持ち、長く成長し続ける事業を、会社を、創りたいと考えました。

総合情報サイト「All About」の誕生

そして、まずはじめようと考え付いたのが、専門家・個人に活躍の場を提供し、信頼できる、役に立つ、顔の見える情報をOPENに流通する“All About”という総合情報サイトです。これにより、生活において信頼できる生きた情報や選択肢、考え方をあらゆる分野でユーザは手に入れることができます。特にお金や健康・医療、キャリア形成(働く)といった、これまで学校でも教えてもらうことがなく、国や企業に依存していた重要な分野においても、専門家ならではの情報やサービスの提供を活用することで、より自立した生活を送ることも可能になります。
また、毎日の暮らしや、ファッション、グルメ、旅行、恋愛などの分野では、匿名の口コミ情報を中心としたWEBの中で、専門家の情報やサービスとの組み合わせがより賢く、自分らしい生活の助けにもなります。
そして、各分野で活躍する専門家の皆さんにとっても、“All About“という場(プラットフォーム)で活躍をしていただくことにより、WEBはもちろん、TV、新聞、雑誌等既存メディアにおいての露出や、企業からの仕事の獲得、セミナー、講演の依頼、書籍の出版など、ご自身の活動を拡げられるために必要な“パーソナルブランディング(R)”の強化を図ることができます。
また、企業の皆様には、多くのユーザと、専門家が集まる“All About“という場を活用して、ネット時代の新しいマーケティングシステムの活用をしていただけます。

「システムではなく、人間。」に込めた想い

“近江商人の三方良し“のごとく、生活者、専門家、企業にとってハッピートライアングルを作ることで、自立的に大きなプラットフォームに成長し、ひとりでも多くの方々の自立のお手伝いを行うことで、”不安なく、賢く、そして自分らしく生きたい“という生活者の想いに対して、役に立ち続けられる事業になる、という強い志(アスピレーション)をもって創業をいたしました。その想いは今も変わっておりません。

めまぐるしい進化が続くIT、インターネットの世界においても、また、リアルの世界でも、システムが中心ではなく“人間”が中心であることは変わりません。

『システムではなく、人間。』

という企業理念のもと、WEB&リアルで更なる事業の拡大を図り、個人を豊かに、そして日本を、社会を元気にするためにスタッフともどもチャレンジしてまいります。

多くの生活者のみなさん、多くの専門家のみなさん、そして多くの事業者のみなさんがオールアバウトグループの提供するサービスに参加していただけることを心より願っております。

代表取締役社長
株式会社オールアバウト
江幡 哲也