<肌の状態と人の印象に関する調査>
男女共に、最低限のベースメイクで4歳~6歳“若見え”する
見た目年齢のほか、男性は「清潔感」「品のよさ」、女性は「幸福度」「外向性」の評価が向上
~コリドー街女子が出会いたい男性像1位は「清潔感がある人」~

2018年11月19日
  • プレスリリース配信登録

株式会社オールアバウト
株式会社ピエール ファーブル ジャポン

 

総合情報サイト「All About」を運営する株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:江幡 哲也)と、フランス製化粧品「アベンヌ」を輸入販売する株式会社ピエール ファーブル ジャポン(本社:東京都港区、代表取締役社長:牧野 美則)は、2018年10月に実施した「男性の美容意識」に関する調査において、多くの男性が印象をよくする事を目的にスキンケアを実施していること、また肌質をよく見せるメイクに興味があると約半数の男性が回答していることをうけ、20代から50代の男女1770人に対し、「肌状態と人の見た目」に関する追加調査を実施いたしました。
 
調査方法は、20代と30代の男女4名のモデルのすっぴんの写真と、肌をキレイに見せる最低限のベースメイクを施した写真を2種類用意しました。調査対象者は、年代別、ベースメイクをする前と後、で調査対象者を4つのグループ分け、写真の人物に対する印象や推測する年齢について回答してもらいました。その結果、最低限のベースメイクだけで、男女共に4歳~6歳若く見えるほか、男性は「清潔感」「品のよさ」、女性は「幸福度」「外向性」といったイメージが向上することがわかりました。女性については同性、異性問わず第1印象が25ポイント向上しました。また、出会いの場として人気の銀座「コリドー街」において、1年以内に異性との出会いを目的に外出したことがある女性150名に対し、理想的な男性像について調査したところ、第1位は「清潔感があること」となりました。

【調査結果のポイント】

■男性は肌をキレイに見せるベースメイクで、女性からの第一印象が約3%アップ
化粧をしていない状態と比較し、「清潔感」「若々しさ」「品のよさ」が向上
    
■女性はベースメイクをするだけで、同性、異性からの第1印象が20%~25%アップ
「若々しい」「幸福そう」「外向性がある」「清潔感がある」「品がよい」といったイメージが向上
  
■男女ともに、肌をキレイに見せるメイクで若く見られることが明らかに。
約6割が「化粧をしていない状態の写真は、4歳~6歳老けて見える」と回答

■コリドー街で出会いたい男性像は「清潔感がある人」
約6割が「清潔感は絶対に譲れない」と回答。

■ 男性は肌をキレイに見せるベースメイクで、女性からの第一印象が約3ポイントアップ
化粧をしていない状態と比較し、「清潔感」「若々しさ」「品のよさ」が向上

肌質による印象差がどの程度あるのかを調べるため、20代と30代の男性2名のノーメイクの顔写真と、最低限の肌をキレイに見せるベースメイクを施した写真を用意し、それぞれの調査グループに写真をみせ、第1印象について回答してもらいました。

グラフ1、グラフ2

その結果、20代男性のノーメイクの顔写真(写真A)を見たグループでは、男性の44%、女性の39%が「印象がいい」と回答したのに対し、同じ男性にベースメイクを施した同一人物の写真(写真B)を見せたグループでは、「印象がいい」と回答した割合が男性が5ポイント低下し、女性は3ポイントアップしていることがわかりました(グラフ1)。30代男性では、ノーメイクの顔写真(写真C)に対し「印象がいい」と回答した割合が男性で49%、女性で50%であったのに対し、ベースメイク後の写真(写真D)では男性が50%と1ポイントアップ、女性が54%で4ポイント向上しました(グラフ2)。

次に、写真から得た人物のイメージについて聞いていくと、20代、30代男性共に、化粧をしていない状態と比較し、ベースメイク後の写真では「清潔感」「若々しさ」「品のよさ」の項目において評価が5ポイント~8ポイント高まることがわかりました(グラフ3・4)。

グラフ3、グラフ4

■ 女性はベースメイクをするだけで、同性、異性からの第1印象が20%~25%アップ
「若々しい」「幸福そう」「外向性がある」「清潔感がある」「品がよい」といったイメージが向上

男性と同様に20代と30代の女性のメイクをしていない状態の写真と、最低限の肌をキレイに見せるメイクを施した写真4枚を用意し、それぞれの調査グループに見てもらいました。その結果、20代女性の写真では、メイク前後で約20ポイント「印象がいい」と回答した割合が向上(グラフ5)、30代女性の写真では約25ポイントアップし、メイクアップが第1印象に影響する割合は男性の約5倍であることがわかりました。(グラフ6)

グラフ5、グラフ6

また、写真から得た人物のイメージについても、20代女性では「若々しい」「幸福そう」「外向性がある」「経済力がある」といった項目において、メイクをしていない状態と比較し「高いと思う」と回答した人の割合が約1.5倍となりました(グラフ7)。30代女性においては、「清潔感」「品のよさ」を評価する割合が、メイクをしていない状態と比較し約2倍に向上したほか、「女性らしさ」「経済力」「自己管理力」「若々しさ」「健康力」を評価する割合が約20ポイント増加しました(グラフ8)。

グラフ7、グラフ8

■ 男女ともに、肌をキレイに見せるメイクで“若見え”する事が明らかに。
約6割が「化粧をしていない状態の写真は、1歳~6歳老けて見える」と回答

年代、性別を問わず、肌をキレイに見せることで若々しく見えると回答した人が多いことから、メイク前と後の写真を見比べてもらい、実際にどれくらいの年齢差が見られるのかを聞いたところ、全ての写真に対し「すっぴんの写真のほうが1歳~6歳老けて見える」と全体の約6割が回答しました。
老けて見える年齢を細かくみていくと、20代男性においては、「1歳~3歳老けて見える」と回答した人が約4割と最も多いのに対し、20代女性と30代男性は「1歳~3歳老けて見える」、「4歳~6歳老けて見える」と回答した人がそれぞれ約3割、また「7歳以上老けて見える」と回答した人が20代男性と比較し約2倍の10%となりました。30代女性では、約4割が「4歳~6歳老けて見える」と回答したほか、「7歳以上老けて見える」と答えた人が23%と、全年代で最も多い割合となりました。また、どの年代においても、「老けて見える」と回答した割合は男性回答者よりも女性回答者の方が高く、女性は男性よりも年齢を推測する際に肌状態を見ていると推察されます。(グラフ9~12)

グラフ9、グラフ10
グラフ11、グラフ12

■ コリドー街で出会いたい男性像は「清潔感がある人」
約6割が「清潔感は絶対に譲れない」と回答。

このように、見た目の印象がその人のイメージまで左右することが分かった上で、近年“出会いの場“として大人気の銀座「コリドー街」にて、1年以内に異性との出会いを期待し外出した経験を持つ女性150名を選出し、出会いを期待している男性像について聞きました。その結果、コリドー街で出会いを期待している男性像は「清潔感がある」が最も多く、次いで「性格がいい・思いやりがある」「楽しい・明るい」「見た目がいい」となりました(表1)。


表1

見た目が重視されるなかで、そのうち絶対に譲れないものをきいたところ、「ルックス」「体形」などを上回り、「清潔感」が第1位となりました(グラフ13)。出会いを期待している男性像としても「清潔感」がトップであり、また「健全な生活をしている」が5位にランクインしていることからも、健康的な“きちんとした人”が好まれる傾向がうかがえます。

グラフ13

 
■All Aboutガイドによる解説

All About「メンズヘア&ビューティ」ガイド:藤村 岳

昨今、男性スキンケア用品の充実だけでなく、男性用メイクアップ用品が発売されて男性美容が再び大きく注目されています。基本的に男性の多くは美容に関する情報を共有しないため、ごく一部の人が興味を持っていると思われがちですが、これら男性の美容意識の高まりは数年前から見られ、それがダイバーシティやジェンダレスな社会の流れとともに顕在化したのが今年だったと言えるでしょう。

今回の調査では、男性も女性同様に肌トーンを整えることで印象アップにつながるという事が明らかになりました。調査でも行っているように、比較的目立ちやすい「青ひげ」や「ニキビ跡」、「毛穴の開き」をメイクで滑らかにみせるだけでも印象が変わります。しかし、忘れてはいけないのが土台となる肌作りです。「優しく洗いたっぷりと潤す」という基本的なスキンケアができていないと男女問わずメイクのノリが悪く、むしろ隠したい部分が悪目立ちしてしまう場合も。水分と油分のバランスがとれた肌は一朝一夕にできるものではなく、毎日の積み重ねが重要なのです。

男性がメイクをする場合、ただトーンだけを整えると、のっぺりとして不健康に見えてしまうので陰影を意識し、鼻筋やアゴに「ハイライト」を入れるのもいいでしょう。「コントゥア」で頬の下や眉頭、生え際などに陰を作ると立体的な顔立ちになるのでオススメです。また、鏡を見るときは30cmくらい離してチェックしましょう。これは女性にも同様に言えることですが、特に男性は凝り性が多いのでメイクにハマると近視眼的になりがち。拡大鏡などでメイクをすると、見えすぎてしまい厚塗りになるので気を付けましょう。

All About「メイク」ガイド:新見 千晶

私たちヘアメイクアップアーティストは、ベースメイクに一番時間をかけています。ベースメイクの仕上がりが全体のメイクアップの美しさの仕上がりを決めると言っても過言ではなく、肌の調子があまり良くない女優さんやモデルさんの場合、ローションパックやマッサージを行い、時間をかけて肌の透明感をアップさせてからメイクをスタートします。男性の俳優さんやモデルさんの場合もメイクアップは必ず行いますが、1時間近く時間をかけてメイクすることはなく、スキンケアで肌をしっかり保湿し、薄くファンデを塗り、眉を薄く描く程度です。時間にして5分程度のことですが、仕上がりの写りが驚くほど変わってきます。

これだけ保湿が重要である理由は、肌が乾燥していると、肌自体に弾力がないように見え、女性は目の周りのクマ、男性はヒゲまわりの毛穴などが目立ちやすくなるためです。肌がしっかり潤っていると、肌表面がふっくらとして透明感とハリがでるので、隠したい部分が目立ちにくくなるだけでなく、血行がよくなることで肌色もよくなり、清潔感は格段にアップすると思います。朝や夜の洗顔後に、化粧水を塗り乳液などで整えることを続けるだけで、肌はかなり変化してきますので、自分の肌を観察しながら毎日のスキンケアを丁寧に行ってみてください。例えば、少し疲れた日は湯船で体を温めながらローションパックを行ったり、乾燥が気になる日は、日中も化粧水スプレーでこまめに肌を保湿する、目の周りの乾燥が気になる時はアイクリームをプラスするなど、特別なことではなく、日々のケアに少しプラスするだけで肌の調子は変わってくると思います。

All About「恋愛」ガイド:相沢あい

余計なストレスを感じたくないという女性が増え、「平均的な年収・平凡な外見・平穏な性格」である「3平男子」が良しとされる現代。コリドー街といえば、商社、広告関係などエリートサラリーマンとの出会いの場ですが、調査結果では「経済力」やよりも、「清潔感」「性格・思いやり」「楽しい・明るい」など男性の印象や内面の要素が上位にランクインしています。「見た目」は4位にランクインしているので、ある程度のルックスは気にするのでしょうが、ほぼ同数で「健全な生活をしている」「信頼できる」を重視する人がいることから、平均的で、安心・安全なサラリーマンとの出会いが期待されていると推察されます。特にコリドー街のような出会いの場では、男女ともにその外見や持ち物、しぐさから得る第一印象と、限られた時間でのトークで相手を吟味するものなので、少ない判断材料の中で、相手に信頼感、安心感を与える「清潔感」は重視されやすいのだと考えます。印象はちょっとした努力で変えられるものなので、ぜひトライしてみてください。

■男性向け調査概要
・調査日程  :2018年10月1日(月)~10月23日(火)
・調査地域   :首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)に居住
・対象者   :20~59歳の男女
・有効回答者数:1770名
・調査方法  :インターネットリサーチ

■女性向け調査概要
・調査日程  :2018年10月3日(水)~10月25日(木)
・調査地域   :首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)に居住
・対象者   :1年以内に、銀座コリドー街に出会いを期待して外出した経験がある20~39歳女性
・有効回答者数:164名
・調査方法  :インターネットリサーチ

■オールアバウトについて URL:http://corp.allabout.co.jp/
約1,300のテーマごとに、専門の知識や経験を持った人=「ガイド」が、その分野に関する信頼性の高い情報を提供する総合情報サイトを運営。2001年2月15日のサイトオープン以来、順調にユーザ数を伸ばし、月間総利用者数は約2,500万人(2018年7月実績、PC・スマートフォン・モバイル含む)となっています。「あなたの明日が動きだす」というサイトスローガンのもと、システムだけでは到達しない満足度へ“人”がナビゲートするサービスです。

■アベンヌについて URL:http://www.avene.co.jp/
「素肌力(※)を育む深層ミネラル温泉水スキンケア」
アベンヌ スキンケアシリーズは、アベンヌ“深層ミネラル温泉水”の「ミネラル」と「バイオ」のチカラ、
さらに南仏ピエール ファーブル社による皮膚科学に基づく長年の研究と実績から生まれたスキンケアシリーズ。全品に、肌のターンオーバーを整えるミネラルバランスを持つアベンヌ温泉水を配合しており、使い続けることによって肌の土台をしっかりと整え、美しい肌に導きます。敏感な肌はもちろんのこと、すべての肌タイプの方に心地よくお使いいただけます。 
※素肌力とは健やかな肌状態を維持できること

■素肌カレンダーについて URL:http://suhada.avene.co.jp/
素肌力を高める肌ケア情報、パリからの最新ビューティー情報、旬の食材を使用したレシピなど、女性の肌が芯から美しくなるための情報を日々発信しているビューティマガジンです。

 
 
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先:
株式会社オールアバウト 広報担当:柏原、大貫
TEL:03-6362-1309  FAX:03-6682-4229
E-mail: pr@staff.allabout.co.jp