アーカイブ

オールアバウト、「イチオシストア」にてアウトドアシーンで活躍するオリジナル商品を販売開始
~イチオシ公認YouTuberプロデュースの“焚き火台”と“ペグハンマー”をラインナップ~

株式会社オールアバウト

 

株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:江幡哲也、以下「オールアバウト」)は、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井伊 基之、以下「ドコモ」)と共同運営するレコメンドサイト「イチオシ」が公認するYouTuber、通称“イチオシスト”のプロデュースしたオリジナル商品を販売するD2C事業「イチオシストア」にて、アウトドア関連の商品を新たに販売いたします。
※「イチオシストア」の運営主体は株式会社オールアバウトになります

「イチオシストア」では、数々のモノ・サービスを体験してきた“イチオシスト”だからこそ生み出せるアイデアやセンスの商品化をサポートしており、ファンの方々と企画段階から情報共有していくことで、共感性と満足度の高い新たな購買体験の提供を目指しています。第1弾として販売した、日々のごはん作りの様子をYouTubeで発信する「slice a lemon」プロデュースによる「まな板」が、短期間で1,000枚完売するなど、大変ご好評をいただきました。

このたび販売する第2弾シリーズでは、コロナ禍でさらに人気の高まるキャンプ・アウトドアシーンにフォーカスし、関連の情報を日々発信する2名のイチオシスト、「Nozomi’s狩チャンネル」と「FUKU」がそれぞれプロデュースしたオリジナルの“焚き火台”と“ペグハンマー”をご用意いたしました。

■商品概要
(1)チタン製焚き火台【Nozomi’s狩チャンネルオリジナル】

210901_01

【価格】¥15,000(税込)
【サイズ/重量】A5サイズ(22cm×16cm)/870g
【原産国】中国
【商品特徴】
「アウトドアはなるべく軽量で動きたい」そんな方にぴったりな、キャンパー目線で作られた焚き火台。5枚のパネルで構成された組み立て式なので、付属の収納袋に入れて手軽に持ち運べ、慣れれば誰でも簡単に展開することが可能。素材には腐食に強いチタンを使用し、火を入れていくと経年変化を味わえます。
「五徳」と「鉄板」が付属し、アレンジ次第でさまざまなキャンプ飯を楽しめます。鉄板はメスティンやお釜、パネルの差し込み位置を変えることで簡単に火力調整ができるので、焼くものによって火加減を調整できます。「狩」をコンセプトとし、無骨さのあるデザインに仕上げました。火を入れると、Nozomi氏がデザインした「KARI」の文字がきれいに浮き上がります。

【商品紹介動画】https://www.youtube.com/watch?v=QSIVyaOYjCc
【購入先ページ】https://ichi-oshi-store.com/products/nozomis-kari-channel-bonfire

(2)ソロハンマー.S【FUKUオリジナル】

210901_01

【価格】¥2,980(税込)
【サイズ/重量】191mm×79mm /約345~375g ※ハンドルの天然木に重量の個体差あり
【原産国】台湾
【商品特徴】
キャンプ初心者に向けたおすすめギアやお役立ち情報をYouTubeで発信するキャンプ歴約14年の「FUKU」が考案した、オリジナルのペグハンマー。荷物が多くなりがちなキャンプではギアの軽量化が重要ですが、このペグハンマーは「軽量・コンパクトかつ、実用的であること」を追求して作られました。軽量なペグハンマーだと固い地面には打ちづらいこともあるのですが、FUKUオリジナルの「ソロハンマー.S」は、従来のコンパクトサイズのペグハンマーと比べて「しっかり打ち込める」という点が特徴です。

また、ハンドル部分には強度のある天然木「ヒッコリー」を使用。木の風合いには1つ1つ個体差があり、唯一無二のオリジナル感を楽しめます。機能性を重視しつつ、クラシカルで飽きのこないデザインに仕上げました。

【商品紹介動画】https://www.youtube.com/watch?v=YePgNQV0uhQ
【購入先ページ】https://ichi-oshi-store.com/products/fuku-solohammer-s

今後もオールアバウトでは、様々なジャンルの“イチオシスト”によるオリジナル商品の開発を推進し、YouTuberをはじめとした個人の活躍機会の創出と、顧客満足度の高いサービスの提供を目指します。

■イチオシについて(https://www.ichi-oshi.jp/
「イチオシ」は、総合情報サイト「All About」に所属するガイド(専門家)のほか、特定ジャンルに特化したYouTuber を“イチオシスト”と称し、彼らが普段から愛用しているモノ・サービスを独自の審美眼で選びぬき、思いを込めたストーリーをもって紹介するサイトです。現在参加する“イチオシスト”はチャンネル登録者数が1万~10万人前後のマイクロインフルエンサーと呼ばれる方々が多いため、ファンとのエンゲージメントも高い傾向にあります。

■公認YouTuber”イチオシスト”の募集について
イチオシストの登録も引き続き受け付けています。イチオシストに登録すると、オリジナル商品の開発サポートのほか、提供したコンテンツが「イチオシ」や提携メディアにまで配信されるため、認知度の向上が期待できます。さらに、「動画活用タイアップ」にも参加できるため、自身で営業活動することなく、YouTube内広告以外での収入増加の機会を得ることができます。現在、イチオシストの登録者数は800名以上、総チャンネル登録者数は2,000万人を突破しています。
※審査制のため、申請内容によっては登録できかねる場合もございます。

■イチオシスト公募受け付けページ:https://www.ichi-oshi.jp/articles/limited/10146

 
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先:
株式会社オールアバウト 広報担当:柏原
TEL:03-6362-1309 
E-mail: pr@staff.allabout.co.jp

オールアバウト、東京都健康長寿医療センター
高齢者を対象とした認知機能低下抑制のための“ものづくりプログラム”を開発し、認知機能への介入効果を日本公衆衛生学会総会にて発表
~ものづくり技術の習得は高齢者の生活機能と関与する認知機能の低下抑制に寄与することを示唆~

株式会社オールアバウト

 

株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:江幡 哲也、以下「オールアバウト」)と、地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター(所在地:東京都板橋区、理事長:鳥羽 研二、以下「健康長寿医療センター」)は、神奈川県川崎市に在住する高齢者を対象に、ものづくり活動による健康増進プログラムの無作為化比較試験を実施し、認知機能への介入効果を検討することを目的とした共同研究結果を、2021年12月21日から23日にかけて開催された「第80回日本公衆衛生学会総会」にて、発表したことをお知らせいたします。

1

■共同研究の背景・目的
超高齢化の急伸を背景に多様なニーズに対応する非薬理的な認知機能低下抑制プログラムの開発が益々求められています。認知的活動による介入の有効性は、脳機能の維持を目指した認知的予備力および脳予備力の向上に基づいており、新規技術の習得が記憶機能の向上に寄与することが報告されています。

そういった中、ハンドメイド講座の開発や講師を組織化し、生涯学習事業を展開する株式会社オールアバウトライフワークス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:菱倉 英一、以下「ライフワークス」)をグループ会社に持つ株式会社オールアバウトと健康長寿医療センターは、共同研究を行い、ものづくり活動による健康増進プログラムの無作為化比較試験を実施しました。本研究の結果は、「第80回日本公衆衛生学会総会」にて発表しています。

■研究概要
神奈川県川崎市の地域在住高齢者49名を対象に、ライフワークスのカリキュラムを基にした認知機能低下抑制要素を強化するプログラムを作成し、2020年10月から2021年6月までの8カ月間にわたり、ランダム化比較試験を実施しました。プログラム内容は、集合型で講師をたてて、ハンドメイドアクセサリーづくりと「デコ巻き寿司」と呼ばれる創作料理の技術習得を題材したものです。プログラムの開始前と終了後に、両群に対して個別面接式の認知機能検査と総合健診を実施したほか、プログラムに関するアンケートも行いました。主要評価項目は実行機能の指標であるTMT-Bとしました。

■ライフワークスの講師によって開発した”ものづくりプログラム”の一例

■研究結果
・ワーキングメモリ等を評価するTMT-Bにおいて、ものづくりプログラムの介入効果がみられました。TMT-Bは認知的柔軟性やワーキングメモリなどの実行機能を反映する課題であり日常生活機能との関連が報告されています。

・ものづくり活動は、高齢者における生活機能と関与する認知機能の低下抑制に寄与することが示唆されます。

 

■今後の展開
プログラム終了後に実施した参加者アンケートでは「認知症を発症しにくくする可能性があれば、治療費にお金をかけるよりも、予防にかけるほうが良い」と考える方が9割以上になっています。今回の実証により、ものづくり活動による認知機能の低下抑制効果が期待できるといったデータを取得できたことを踏まえ、健康を意識した高齢者に向けた趣味講座ソリューションを開発していきます。また、この研究で得られた知見に対してさらなる実証を重ねて、2023年の社会実装を目指してまいります。我々の取り組みに興味をお持ちいただきました企業や団体の皆様がいらっしゃいましたら、是非お声掛けください。

■本研究結果との連携をご希望される自治体・事業者の方々からのお問い合わせ先
E-mail:wellness@gakusyu-f.jp
 

【地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター概要】
■所在地  : 東京都板橋区栄町35番2号
■理事長名 : 鳥羽 研二
■設立年月日: 平成21年4月1日
■事業内容 : 病院部門・研究所部門
■URL   : https://www.tmghig.jp/

【株式会社オールアバウト 会社概要】 
■所在地  : 東京都渋谷区恵比寿南1-15-1 A-PLACE恵比寿南3F
■代表者名 : 江幡 哲也
■設立年月日: 1993年3月25日
■事業内容 : 専門ガイドによる総合情報サイトの運営、インターネット広告事業、ECサイトの運営、
生涯学習事業
■資本金  : 12.85億円(2021年9月末現在)
■URL  : https://corp.allabout.co.jp/

 
 
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先:
株式会社オールアバウト 広報担当:柏原
TEL:03-6362-1309 
E-mail: pr@staff.allabout.co.jp

900名の専門家を活用したマーケティング支援サービス
「with Pro」の提供を開始
~様々なジャンルの専門家に対してアンケートからインタビューまでオンラインで完結~

株式会社オールアバウト

 

株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:江幡 哲也)は、総合情報サイト「All About」で活動する約900名の専門家「All Aboutガイド」を活用した、企業向けのマーケティング支援サービス「with Pro」の提供を開始いたします。

■「with Pro」のURL:https://corp.allabout.co.jp/withpro/lp_comment.html

■取り組みの背景
企業のマーケティング活動において、商品・サービスの訴求力を高めるために、関連分野の専門家やオピニオンリーダーを起用し、第三者視点を交えることで話題性や権威性を付与することへのニーズは益々高まっています。オールアバウトでは、総合情報サイト「All About」で活動する専門家(ガイド)に、企業の商品・サービスを体験してもらい、その使用感やコメントを収集し、自社サイトや店頭POPなどの販促物に二次利用できるソリューションを2019年より提供してまいりました。これまでにIT・家電関連のメーカー様を中心に100件近くの導入実績をいただく中、マーケティング活動の様々なシーンでの、さらなる提供価値の向上を目的に「with Pro」の名称の元、サービス内容の大幅な拡張を行いました。なお、提供するサービスはすべてオンラインで完結できるため、企業のマーケティング活動のDX推進にも寄与いたします。

■本サービスの特徴
(1)コメント収集

900名のガイドの中から最大3名が製品・サービスを試用し、フィードバックコメントを納品。それらの専門家コメントをパンフレットや自社サイト・プレスリリースなどに掲載することで、商品への興味関心度のほか、コンバージョンレートのアップが期待できます。

(2)インタビュー
暮らし・健康・マネーなど1,300のテーマに精通するガイドから、企業の要望に応じて最適な方を紹介します。新商品開発や現状の商品の課題まで幅広い内容でご相談の上、実務に根差した深い専門性に直接アドバイスを受けることが可能です。

(3)アンケート
900名のガイドの中から「専門テーマ」「保有する知見」などのセグメントを絞った状態で複数名にアンケート調査を実施。新商品の発売やリニューアル前のタイミングで、高い専門性を持った属性に対しての意見を効率的に収集することができます。

(4)セミナー出演
企業が主催する各種セミナー(ウェビナー)にガイドが登壇し、ご要望のテーマについて講演。報道関係者向けの発表会のほか、一般ユーザー向けのイベントなど様々なシーンでの活用ができ、集客力やエンゲージメントの向上が期待できます。

オールアバウトは本サービスを通じて、All Aboutガイドの新たな活躍機会を創出するとともに、従来手掛けていた”広告”以外のソリューションを提供することでマーケティングビジネスの収益拡大を図ってまいります。

なお、サービスリリースを記念して、初めてご実施いただく企業様を対象に通常よりお得な金額でお試しいただける「初めて割キャンペーン」を本日より開始いたします。金額など詳細につきましては、以下お問い合わせフォームよりご連絡ください。

■本商品へのお問い合わせ
https://go.allabout.co.jp/adinfo/toi/service/withpro-comment

■All Aboutについて URL:https://corp.allabout.co.jp/
約1,300のテーマごとに、専門の知識や経験を持った人=「ガイド」が、その分野に関する情報を提供する総合情報サイトです。2001年2月15日のサイトオープン以来、順調にユーザ数を伸ばし、月間総利用者数は約2,000万人(2021年11月実績、PC・スマートフォン・モバイル含む)となっています。「あなたの明日が動きだす」というサイトスローガンのもと、システムだけでは到達しない満足度へ“人”がナビゲートするサービスです。

 
 
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先:
株式会社オールアバウト 広報担当:柏原
TEL:03-6362-1309 
E-mail: pr@staff.allabout.co.jp

オールアバウトライフマーケティングが食卓応援ブランド「スグーマ」の提供を開始
~コロナ禍の新たな生活様式に対応し、時短・簡単に調理できる食材をお手頃価格でお届け~

株式会社オールアバウトライフマーケティング

 

日本最大級のサンプリングサービス「サンプル百貨店」を運営する、株式会社オールアバウトライフマーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:土門裕之)は、コロナ影響によるライフスタイルの変化にあわせ、新たにミールキットを中心とした食卓応援ブランド「スグーマ」を立ち上げ、本日より「サンプル百貨店」内で提供開始することをお知らせいたします。

■「スグーマ」のURL:https://www.3ple.jp/feature/3ple/suguuma/

30~40代の女性を中心に、多くの生活者にご利用いただく「サンプル百貨店」では、従前より冷凍食品カテゴリに対する需要が高まっていました。また、昨年から続く外出自粛と、それに伴う生活様式の変化に伴い、料理に必要なカット済み食材や調味料がセットになった”ミールキット”と呼ばれる商品への注目度も増しています。市場規模も2024年度で現在の1.2倍となる1,900億円規模にまで成長が予測される中(※1)、新たにミールキット事業へ取り組むことにいたしました。
※1)引用:株式会社日本能率協会総合研究所【ミールキット市場規模・予測】(2020年8月3日)

本日より開始する「スグーマ」は、“すぐに!うまく作れる!”をコンセプトに、美味しく、時短に繋がり、かつ、送料込みのお手頃価格を実現した新ブランドです。一人暮らしからファミリー層まで幅広く対応した34メニューをご用意しました。肉・魚・野菜がカットされて包丁不要、フライパンや鍋1つで調理可能なメニューを選ぶだけなので、「献立を考えるのが大変……」、「調理の時間がかかる……」、「スーパーへの買い物が負担……」といったコロナ禍で加速する料理にまつわる様々な不満を解消することができます。

またサービス開始を記念して、初めての方を対象に「ミールキット体験5種セット」も数量限定の特別価格(62%OFF)にてご用意しています。

今後も「サンプル百貨店」では生活者の声が集まる・広がる仕組みを活かし、食品・日用品分野の良品拡充に努めて参ります。

■「スグーマ」のサイトイメージ

210901_01

210901_01

210901_01

 

■オールアバウトライフマーケティングについて URL:https://www.lifemarketing.co.jp/
株式会社オールアバウトライフマーケティングは、30~40代の女性を中心に累計利用者数約320万人を擁する日本最大級のサンプリングサービス「サンプル百貨店」を運営。話題の商品がお得に試せる「ちょっプル」やインフルエンサー向け新商品発表会「リアルサンプリングプロモーション」などを通じ、Webとリアルを融合したマーケティング活動を支援しております。また、NTTドコモの総合通販サイト「dショッピング」を共同運営しております。

 
 
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先:
株式会社オールアバウトライフマーケティング 
TEL:03-6362-0810  FAX:03-3442-2121 
E-mail:pr@lifemarketing.co.jp

オールアバウトがD2C事業「イチオシストア」を開始
~イチオシ公認YouTuberがプロデュースしたこだわりの逸品を適正価格で販売~

株式会社オールアバウト

 

株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:江幡哲也、以下「オールアバウト」)は、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井伊 基之、以下「ドコモ」)と共同運営するメディア「イチオシ」の派生サービスとして、公認YouTuber通称“イチオシスト”のプロデュースによるオリジナル商品を販売する、D2C事業「イチオシストア」を本日より開始いたします。
※イチオシストアの運営主体は株式会社オールアバウトになります

「イチオシ」は、総合情報サイト「All About」に所属するガイド(専門家)のほか、特定ジャンルに特化したYouTuber を“イチオシスト”と称し、彼らが普段から愛用しているモノ・サービスを独自の審美眼で選びぬき、思いを込めたストーリーをもって紹介するサイトです。現在、参加する“イチオシスト”はチャンネル登録者数が1万~10万人前後のマイクロインフルエンサーと呼ばれる方々が多いため、ファンとのエンゲージメントも高い傾向にあります。

スマートフォンとSNSが生活に浸透する中、デジタルを通じて顧客と直接繋がるD2C(Direct to Consumer)は、コロナ禍でのオンラインショッピング需要の高まりもあって、2025年には3兆円の規模にまで達すると見込まれています(※)。このような背景のもと、数々の商品を体験してきた“イチオシスト”だからこそ生み出せるアイデアやセンスを商品化すべく、D2C事業を開始することになりました。ファンの方々とも企画段階から情報共有していくことで、共感性と満足度の高い購買体験の提供を目指します。
出典:売れるネット広告社「デジタルD2Cの市場動向調査」

具体的には、「イチオシストア」(https://ichi-oshi-store.com/)を新たに開設し、”イチオシスト”によるオリジナル商品の企画・製造・販売まで一括してサポート。その第一弾商品として、日々のごはん作りの様子をYouTubeで発信するVlogger「slice a lemon」プロデュースによる「まな板」を販売いたします。
 
■商品概要
【商品名】slice a lemon オリジナルまな板
【価格】小 ¥2,970(税込)/大 ¥5,940(税込)
【サイズ】小 200mmx200mmx15mm 約600g/大 420mmx250mmx15mm 約1575g
【商品特徴】
食材が映えるグレーを基調しているため、食材をのせてそのまま食卓に並べれば、食卓がぱっと華やかになること間違いなし。キッチンにも馴染む重厚感のあるマットなデザインです。お手入れしやすいポリエチレン素材を採用し、表面には食材が滑らず切りやすい、サンダー加工を施しています。
【購入先ページ】
https://ichi-oshi-store.com/products/slice-a-lemon-cuttingboard

200430_01

今後もオールアバウトでは、様々なジャンルの“イチオシスト”によるオリジナル商品の開発を推進し、YouTuberをはじめとした個人の活躍機会の創出と、顧客満足度の高いサービスの提供を目指します。

■公認YouTuber”イチオシスト”の募集について
D2C事業の本格化にあわせて、イチオシストの登録も引き続き受け付けています。イチオシストに登録すると、 オリジナル商品の開発サポートのほか、提供したコンテンツが「イチオシ」や提携メディアにまで配信されるため、認知度の向上が期待できます。さらに、「動画活用タイアップ」にも参加できるため、自身で営業活動することなく、YouTube内広告以外での収入増加の機会を得ることができます。現在、イチオシストの登録者数は500名を突破し、総チャンネル登録者数は1,000万人に迫っています。
※審査制のため、申請内容によっては登録できかねる場合もございます。

■イチオシスト公募受け付けページ:https://www.ichi-oshi.jp/articles/limited/10146

 
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先:
株式会社オールアバウト 広報担当:柏原
TEL:03-6362-1309 
E-mail: pr@staff.allabout.co.jp

オールアバウトが国内の様々なSDGsの社会実装を支援するプラットフォーム「Collective Action Japan」を開始
~ 環境省からの受託事業として「STOP!食品ロス」プロジェクトを実施 ~

株式会社オールアバウト

 

総合情報サイト「All About」を運営する株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:江幡哲也)は、SDGsに取り組む、または、今後の取り組みを目指す企業・自治体・NPO・省庁などに対して、プロジェクトの立ち上げから情報発信、さらにはその先の社会実装までをトータルで支援するプラットフォーム「Collective Action Japan」の提供を、本日より開始いたします。この取り組みは、環境省からの受託事業として「STOP!食品ロス」と称した、有識者や実践者による共創会議を実施したことを踏まえて、立ち上げたものです。

持続可能な開発目標の略称である「SDGs(Sustainable Development Goals)」は、2015年9月の国連サミットで採択された国際的な目標です。地球上の「誰一人取り残さない」ことを基本理念に、国際社会が2030年までに達成を目指す、17の目標と169のターゲットから構成されています。昨今SDGsは、企業をはじめ多くの団体で積極的に取り組まれており、コロナ禍で社会が大きく変容する中、その注目度は一層高まりを見せています。

このたび提供を開始する「Collective Action Japan」では、特定の社会課題に対して、個別の組織の力だけでなく、様々なステークホルダーが垣根を越え、共同で課題解決や大規模な社会変革を目指す“コレクティブ・インパクト”と呼ばれるアプローチ手法を採用。ベストセラー書籍『世界がもし100⼈の村だったら』の広告を手掛けたソーシャルグッド・プロデューサーの石川淳哉氏のほか、様々な分野のコンサルティングや調査研究をおこなっている株式会社NTTデータ経営研究所もプラットフォーム運営のパートナーとして迎え、具体的に以下3つの取組みに対する適切な企画から進行管理まで支援いたします。

■ 「Collective Action Japan」の提供内容
①国内外に向けた情報発信

20年近い総合情報サイトの運営ノウハウと生活者接点を強みに、社会課題解決型プロジェクトへの共感を醸成する情報発信をします。さらに、インバウンド向けのメディア事業(※)の実績も活かし、5ヶ国語にて世界に対しても広く啓発を促すことをサポートします。
※日本情報サイト「All About Japan」(https://allabout-japan.com/en/を2015年より運営

②ソーシャルグッドなコミュニティの運営
特定の社会課題の対策の最先端に立つ企業や、専門家、実践者などが集うコミュニティを形成。関連テーマのアワード企画や各種交流会などのほか、関わる方々の取り組みを可視化するメディアやツールの提供を通じて、グループの活性化を図ります。 

③プロジェクトメイキング
関連テーマのアイデアや、技術・ノウハウ、すでに進行しているプログラムや組織・団体を繋ぐための各種マッチングを実施。さらに実証フィールドも提供し、プロジェクトの本格的な社会実装に向けたPDCAサイクルの遂行をサポートするほか、次世代のリーダーを輩出することも目指します。

■環境省「STOP!食品ロス」プロジェクト
当プラットフォームを立ち上げるきっかけは、環境省からの受託事業である「STOP!食品ロス」プロジェクトです。食品ロスの削減の推進に関する法律に基づく基本的な方針では、家庭系及び事業系の食品ロス量を共に2000年度比で2030年度までに半減させるという目標を設定しており、本プロジェクトは、この目標達成を目指した活動の一環となります。「STOP!食品ロス」プロジェクトでは、食品ロス削減に関して取り組むさまざまな関係者が集い繋がり、メッセージを共創会議で発信し、生活者一人ひとりの意識と行動変容を促す普及啓発を行いました。「Collective Action Japan」はそれを受けて、自律的な活動のための仕掛けを準備し、日本の食品ロス削減に関する取り組みを海外の生活者に向けて発信いたしました。

■「Collective Action Japan」公式ホームページ:https://collective-action-japan.com/

今後もオールアバウトは、当プラットフォームの提供を通じて、企業、自治体、NPO、省庁などのSDGsへの取り組みをサポートすると同時に、日本が抱える社会課題を解決し、それらを世界に向けても発信していくことで、SDGsの達成に向けた貢献にも寄与していまいります。

 
 
 
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先:
株式会社オールアバウト 広報担当:柏原
TEL:03-6362-1309  FAX:03-6682-4229
E-mail: pr@staff.allabout.co.jp

オールアバウトライフワークスが親子で節分を楽しめる “デコ巻きずし”レシピとオンラインレッスンを無料提供開始
~日本デコずし協会の協力により、プロのテクニックを自宅で再現 ~

株式会社オールアバウトライフワークス

 

株式会社オールアバウトライフワークス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:菱倉英一)が運営する「日本デコずし協会」は、コロナ禍におけるご自宅での新たな節分の楽しみ方を提案するため、恵方巻や巻き寿司のオリジナルレシピを特設サイト上で無料公開するほか、同協会所属の”デコ巻き寿司”のプロによるオンラインレッスンも期間限定で無料提供いたします。

■特設サイトのURL:https://gaku.page.link/1Vkb

“デコ巻き寿司”は、断面に図柄を描く千葉県房総地方の郷土料理を、現代家庭においても気軽に楽しめるよう、キャラクターとのコラボレーションやポップなデザインでアレンジを加えたものです。2012年12月に発足された日本デコずし協会では、レシピ開発をはじめ、専門インストラクターの育成や、デコ巻き寿司の魅力を国内外へ情報発信してきました。

昨今、コロナ禍での外出自粛の影響で、内食志向やオンラインレッスンへの参加意向が増加傾向にあります。そのような環境を受け、日本デコずし協会は、今年の節分は恵方巻きを購入して食べるだけではなく、家庭で作る工程まで楽しむといった新たな体験を提案するため、“デコ巻き寿司”関連の様々なコンテンツを期間限定で無料提供いたします。

■提供コンテンツ一覧
(1)ご自宅で楽しみたい人のために節分デコ巻き寿司レシピ
(2)2月の季節柄「小梅」のレシピ動画
(3)11人のデコ巻きずしマイスターによるオンラインレッスン
 ※特設サイトより個別にお申し込みください
 ※(2)、(3)のコンテンツの視聴および申込み期限は2021年2月末日までとなります

節分用のオリジナルレシピの完成イメージ
節分用のオリジナルレシピの完成イメージ

2月の季節柄「小梅」のレシピ動画
2月の季節柄「小梅」のレシピ動画

2月の季節柄「小梅」のレシピ動画

オンラインレッスンでレクチャー予定のレシピ完成イメージ(左)畑 たみこ先生「小さなお雛様」(右)大阪 巻子先生「青鬼・赤鬼」(下)mikamakkinen(ミカ巻キネン)先生「アマビエ」
オンラインレッスンでレクチャー予定のレシピ完成イメージ
(左)畑 たみこ先生「小さなお雛様」(右)大阪 巻子先生「青鬼・赤鬼」
(下)mikamakkinen(ミカ巻キネン)先生「アマビエ」

 
■株式会社オールアバウトライフワークスについて URL:http://www.gakusyu-forum.net/
株式会社オールアバウト子会社。生涯学習の普及推進を活動の大きな目標に掲げ、各分野の技能や知識を体系化し講座にすることにより、その分野を「学び」「教え」「伝え」ていきます。現在、ハンドメイド・FOOD ART領域を中心に全国に約1万4000人の専門講師が所属し、教室活動や作家活動を行っています。

■日本デコずし協会について URL:http://deco-sushi.com
巻き寿司、いなり寿司、手まり寿司、ちらし寿司といった家庭料理としての寿司文化にフードアート的要素が加わることで生まれた“デコずし”は、「おいしい」だけではなく「つくる楽しみ」「見せる楽しみ」があります。「日本デコずし協会」は、レシピの開発、インストラクターの育成、国内外への情報発信を通じて、日本の寿司文化、米食文化、フードアートの発展に貢献していきます。食品メーカー販促協力、講師の派遣、制作協力、オンラインイベントなども承っています。お気軽にご相談ください。
 
 
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先:
株式会社オールアバウト 広報担当:柏原
TEL:080-2005-5576 
E-mail: pr@staff.allabout.co.jp

ライフワークス、コロナ禍でも日本の高い手芸技能を世界に発信するため、中国・上海商学院へのオンライン技術指導を開始
~ 10/16より「楽習フォーラム」講師による技能教育講座をZoomで開催~

株式会社オールアバウトライフワークス

 

株式会社オールアバウトの子会社である、株式会社オールアバウトライフワークス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:菱倉 英一、以下ライフワークス)が展開する「楽習フォーラム」のカリキュラムが、上海商学院 芸術デザイン学院(中国・上海市)の海外技能教育連続講座(通称:海外マスターキャンプ)に採択され、10月16日からオンラインでの講座を実施することをお知らせします。

■ 上海商学院 海外マスターキャンプ採択の背景と講座の概要
中国において手芸は伝統手芸と深く紐づくものとして、古くは少数民族の刺繍、地方の布、工芸品、銀細工などが文化として根付いています。近年、中国政府および各都市の教育部門では中国伝統手芸の社会伝達に力を入れており、資金援助やトレーニングの支援をしています。特に上海市では、300種類の伝統技術が無形文化財として、さまざまな学校や機構の中で展示され、国内全土に発信をしています。

上海商学院は1950年に中国・上海市に設立された国有市立大学です。現在は財政金融学院、ホテル管理学院、外国語学院、芸術デザイン学院など10学部、30専攻を有しており、在学の学生人数は1万名を超える教育機関です。芸術デザイン学院では、毎年、フランス、イタリア、日本など海外の著名デザイナーや業界のトップリーダーを招聘。10日間の海外マスターキャンプを実施しており、高いレベルの技術の習得を行っています。

ライフワークスは日本で独自に開発したハンドメイド技術・カリキュラムを中国にて広めることを目的に、2019年5月より『楽習フォーラム 中国認定総校』として上海罗树文化传播有限公司(以下、羅樹「ロキ」)と業務提携を実施。羅樹では、「楽習フォーラム」のオートクチュール刺繍アクセサリーと、オートクチュールビーズ刺繍ジュエリーの講座を展開し、認定講師を40名輩出しているほか、上海商学院の海外マスターキャンプのコーディネートも行っています。

このたび、羅樹を通じて「楽習フォーラム」が持つ高い技能レベルを育むカリキュラムが認められ、海外マスターキャンプでの採用に至りました。講座ではトップレベルの講師であるワイヤーレース・ジュエリーの岸美砂子先生によるオンラインでの連続講座を行います。コロナ禍で海外諸国との往来ができない今、多くの企業が海外展開の見直しなどを余儀なくされています。ライフワークスでは今回の取り組みを通じて、オンラインによる海外向け講座の展開を本格化させ、日本の手芸技術を世界に広げる活動を止めることなく実施してまいります。

■ 講師:岸 美砂子 プロフィール

編み物講師、カラリストとして長年活動後、ワイヤーを編んで作るビジュージュエリーに出会い、ジュエリーデザイナーに転身。アーツJクラフツ展ジュエリーワーク部門で4年連続上位入賞する他、多数のコンテストで入賞。2010年にはYumi Katsura「2010春夏パリ・オートクチュールコレクション」と「2010GRANDCOLLECTION IN TOKYO」でコスチュームジュエリー制作に携わる。同年、NHK教育テレビ「すてきにハンドメイド」へ出演。楽習フォーラム「ワイヤーレース・ジュエリー認定講座」のカリキュラム委員長、デザイナーとしても活躍中。

profile_kishi2

■株式会社オールアバウトライフワークスについて URL:https://allaboutlifeworks.co.jp/
株式会社オールアバウトの子会社であり、生涯学習の普及推進を活動の大きな目標に掲げ、各分野のプロフェッショナルを育成・輩出することを目的として「楽習フォーラム」を企画・運営。これまで各分野の技能や知識を体系化し50以上の講座を開発し、その分野を「学び」「教え」「伝え」ていきます。現在、ハンドメイドやフードアート領域を中心に全国で約15,000人の専門講師が活動しています。

 
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先:
株式会社オールアバウト 広報担当:柏原・安田
TEL:03-6362-1309  FAX:03-6682-4229
E-mail: pr@staff.allabout.co.jp

オールアバウトとドコモの共同メディア「イチオシ」
YouTuber複数名起用の動画・記事広告プラン「動画活用タイアップ」の提供を開始
~イチオシ公認YouTuber “イチオシスト“への登録受付も開始~

株式会社オールアバウト
株式会社NTTドコモ

 

株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:江幡哲也、以下「オールアバウト」)と株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤 和弘、以下「ドコモ」)は、共同運営するメディア「イチオシ」で、YouTuberを複数名起用した動画・記事広告のプラン「動画活用タイアップ」の提供を2020年9月28日(月)から開始いたします。また、「イチオシ」へ動画コンテンツ提供する公認YouTuber“イチオシスト”の登録受け付けも2020年9月28日(月)から開始いたします。

200928_01

「イチオシ」では、総合情報サイト「All About」に所属する1,300テーマ・900人の「ガイド(専門家)」やSNS上のインフルエンサーを“イチオシスト”と称し、普段から愛用しているモノ・サービスを、「イチオシ」のサイト上で紹介(イチオシ)しています。ファッション・マネーなど12のカテゴリーがあります。ドコモとオールアバウトの共同運営により、「dメニュー」をはじめとしたさまざまなメディアやアプリを通じて、個々の生活者ニーズに最適化された配信をしてきた結果、記事内で紹介する商品への平均送客率は17%という高い水準です。

昨今“イチオシスト”にはYouTuberの参画が増加し、「イチオシ内」の動画コンテンツが増えています。また、参画いただくYouTuberはチャンネル登録者数が1万~10万人前後のマイクロインフルエンサーと呼ばれる方々が多いため、ファンとのエンゲージメントも高い傾向にあります。

このたび、オールアバウトとドコモは、広告主の商品・サービスの特長を多面的に訴求し、理解促進が図れる広告プラン「動画活用タイアップ」を提供します。

「動画活用タイアップ」では、“イチオシスト”として登録しているYouTuberの中から自社商品・サービスと親和性が高い方を複数名(最低3人から)起用することができます。“イチオシスト”は、その商品・サービスの使用感や体験のレビュー動画を制作し、自身のYouTubeチャンネルで配信。さらに、それらの動画を「イチオシ」編集部視点でまとめ、広告コンテンツとして「イチオシ」内に記事として掲載します。なお、“イチオシスト”への商品サンプリングから掲載までの一連の流れは全てオンラインで対応可能です。
※広告コンテンツのフォーマットについては当社規定のものとなります。

また、このたびのリリースに伴い、「イチオシ」での動画コンテンツ提供や、タイアップ協力を希望する公認YouTuber “イチオシスト”の登録受け付けも開始いたします。“イチオシスト”に登録すると、 提供したコンテンツが「イチオシ」や提携メディアにまで配信されるため、認知度の向上が期待できます。さらに、「動画活用タイアップ」にも参加できるため、自身で営業活動することなく、YouTube内広告以外での収入増加の機会を得ることができます。

2020年9月時点で、100人以上のYouTuberが“イチオシスト”として登録していますが、2022年3月には1,000人を目標にしています。
※審査制のため、申請内容によっては登録できかねる場合もございます。
※目標の登録人数は、オールアバウトのガイドを除いた人数です。

今後も両社は、さらなるメディアの価値向上を図ると同時に、YouTuberをはじめとした個人の活躍機会の創出と、広告主企業のマーケティング活動を支援するソリューションの提供をめざします。

■本プランの費用:200万円~
※起用できるイチオシスト(YouTuber):最低3人から
※「イチオシ」でのタイアップ記事のPV保証:2万PV
※別途オプションにて、YouTuberのウェビナー登壇などもあり(費用は都度見積もり)

■パナソニックでの広告事例
本リリースに先立ちパナソニック株式会社が8月20日に販売した小型・軽量ミラーレス一眼LUMIX『DC-G100』を“イチオシスト”2人が紹介しています。
https://www.ichi-oshi.jp/articles/limited/5516

■本ソリューションへのお問い合わせ先:https://sec.allabout.co.jp/survey/2342

■イチオシスト公募受け付けページ:https://www.ichi-oshi.jp/articles/limited/5575

 
 
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先:
株式会社オールアバウト 広報担当:柏原
TEL:03-6362-1309  FAX:03-6682-4229
E-mail: pr@staff.allabout.co.jp

東京都健康長寿医療センターと認知症予防分野の共同研究を開始
~ 知的活動を伴うハンドメイドを題材とした“ものづくり介入プログラム“の開発と認知機能および心身機能への介入効果の検証を目指す ~

株式会社オールアバウト

 

 株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:江幡 哲也、以下「オールアバウト」)と、地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター(所在地:東京都板橋区、理事長:鳥羽 研二、以下「健康長寿医療センター」)は、認知機能および心身機能への介入効果の検証を目的に、知的活動を伴うハンドメイドを題材とした“ものづくり介入プログラム”の開発およびその評価を行う共同研究契約を締結しました。

1

■ 共同研究実施の背景
 人生100年時代といわれる日本において、生涯現役社会を実現するため、健康寿命の延伸・介護予防に国を挙げて取り組んでいます。厚生労働省では、令和元年に「認知症施策推進大綱」をとりまとめ、「通いの場」とよばれる地域の高齢者が気軽に参加できる集会や企画、イベントの実施規模を拡大していくことが健康寿命の延伸のために重要な施策のひとつであるとしています。現在、全国の自治体主導で「通いの場」として“栄養指導”や“運動教室”などが実施されていますが、その規模拡大のためには多様なニーズに対応できるプログラムの開発が求められています。

 健康長寿医療センターでは、認知機能低下抑制におけるさまざまなアプローチを研究しており、『社会参加と地域保健研究チーム』においては運動に頼らない認知介入プログラムを開発、検証してきました(Suzuki et al,2014、Iizuka et al, 2019)。その中で、新規の学習が認知機能低下抑制および社会参加促進に寄与することが分かってきています。

 一方、オールアバウトグループは、「個人を豊かに、社会を元気に。」をビジョンに掲げ、個人のエンパワーメントを支援し、個人が活躍する社会の構築に取り組んでまいりました。グループの中長期戦略における重点領域のひとつとして『ウェルネス分野』を掲げており、2017年には長野県松本市において高齢者の社会参加と健康に関する実証事業を実施しています。また、グループ会社である株式会社オールアバウトライフワークス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:菱倉 英一、以下「ライフワークス」)は、個人の趣味活動・社会活動を支援する日本最大級の教室ビジネス支援プラットフォーム「楽習フォーラム」を展開し、ハンドメイド・食分野を中心とした全国1万5千人の認定講師をネットワークしています。

■ 共同研究の目的と概要
 今回の共同研究では、認知機能維持に向けた知的活動アプローチに関するエビデンス構築を実証するため、ハンドメイドを題材とした“ものづくり介入プログラム”を共同で開発し、認知機能およびQOL等の心身・生活機能における効果を検証するものです。この研究を通じて「通いの場」で取り入れることが可能な、認知機能低下予防の複合的なプログラム提供環境の構築を目指します。なお、本研究・検証に使用するハンドメイドコンテンツの提供はライフワークスが行います。

 当社はこの研究で得られた知見をウェルネス事業に役立てていくほか、介護サポーター育成や認知機能の低下が気になる人でも楽しめるプログラム開発を通じて活動を活性化することにより、「通いの場」を通じた「認知症予防・健康増進」だけにとどまらない高齢者の「生きがい・就労機会創出」を実現していきます。

■ 共同研究概要
1. 研究題目
ものづくり介入プログラムによる認知機能および心身機能への介入効果の検証

2. 研究内容
東京都健康長寿医療センター『社会参加と地域保健研究チーム』と株式会社オールアバウトは、共同でハンドメイドを題材とした“ものづくり介入プログラム”の開発と効果の検証を行う。指標は認知機能およびQOL等の心身・生活機能とする。

3. 研究期間(予定)
2020年9月4日より2022年3月31日まで

4.各社の役割分担

役割

■ 地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター 東京都健康長寿医療センター研究所
『社会参加と地域保健研究チーム』研究部長
 藤原 佳典氏 コメント

 東京都健康長寿医療センター研究所では、高齢者の健康と福祉を推進するために、様々な社会実験・調査を行ってきました。特に『社会参加と地域保健研究チーム』では、趣味やボランティア、就労などの社会参加・貢献することにより、高齢者自身、周囲の人々、更には地域社会全体にどのような好影響をもたらすか、モデル開発を通して検証してきました。特に注目される認知機能低下予防プログラムの大半は運動や脳トレによるもので、指先を使うハンドメイドの知的活動は、直感的には、効果がありそうですが、科学的な実証例は世界的にも殆どありません。自分の趣味になるハンドメイドは、体力が落ちても継続できます。また、必ずしも、大勢で取り組む必要もなく、「新しい生活様式」に適したプログラムとして期待しています。

■ 地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター 東京都健康長寿医療センター研究所
『社会参加と地域保健研究チーム』研究責任者
 鈴木 宏幸氏 コメント

 認知症に関する多彩な研究が世界中で実践されています。その中で認知症予防の領域では、お元気なうちに新しい技術を学ぶなどの高度な知的活動に取り組むことが重要であると指摘されています。また、知的活動に社会参加などのコミュニケーションが伴うことでより効果が高まり、長期間継続することで脳にも良い影響を与える可能性があることも分かってきました。今回の共同研究で開発する「ものづくり介入プログラム」は、これらの要素をふんだんに取り入れたものであり、認知機能をはじめとした心身機能への多面的効果が期待されます。今回の取り組みは、ハンドメイドの楽しさや作品を作り上げる達成感、作品に対する想いを共有する喜びを感じながら、こころとからだの機能を高める、健康づくりとQOLの向上が一体となった社会的意義の高いものであると言えます。

■ オールアバウトグループ・株式会社オールアバウト 代表取締役社長 
江幡 哲也 コメント

 当グループでは、「個人を豊かに、社会を元気に。」をビジョンに掲げ、生活者が「不安なく」「賢く」、そして「自分らしく」生きることをサポートする事業を推し進めております。人生100年時代を迎え、新たな価値観や社会システムへのパラダイムシフトが求められるなか、ヘルスケア、生涯学習、マネー、キャリアなど、人生・社会の基盤となる領域を「ライフアセットマネジメント領域」とし、中長期的に取り組む重要分野として定めています。今回、ヘルスケア分野の取組の一環として認知症の人の数約600万人※1、社会的コストが14兆5千億円※2にものぼる認知症という社会課題に着目し、東京都健康長寿センターと産学連携を行うことで、趣味を通じて楽しみながら認知症の予防・共生ができる仕組み・事業の構築を目指していきたいと考えております。
※1 内閣府「平成28年版高齢社会白書」より
※2厚生労働科学研究 平成26年度報告書「わが国における認知症の経済的影響に関する研究」より

【地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター概要】 
■所在地  : 東京都板橋区栄町35番2号
■理事長名 : 鳥羽 研二
■設立年月日: 平成21年4月 1日
■事業内容 : 病院部門・研究所部門
■URL   : https://www.tmghig.jp/

【オールアバウト 会社概要】 
■所在地  : 東京都渋谷区恵比寿1-20-8 エビススバルビル6階
■代表者名 : 江幡 哲也
■設立年月日: 1993年3月25日
■事業内容 : 専門ガイドによる総合情報サイトの運営、インターネット広告事業、ECサイトの運営、
生涯学習事業
■資本金  : 12.12億円(2020年3月末現在)
■URL   : https://corp.allabout.co.jp/

 
 
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先:
株式会社オールアバウト 広報担当:柏原・安田
TEL:03-6362-1309  FAX:03-6682-4229
E-mail: pr@staff.allabout.co.jp